健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

足首を捻挫したらサポーターの巻き方やいつまでつけるものなの?

   

ashikubinennza

足をくじいて足首を捻挫するのは、スポーツの時だけでなく日常でもよくありますよね。

ちょっと痛んで歩きにくいけど、歩けるから大丈夫!といって放っておくのは大きな間違い。

そのままにしておくと、場合によっては数年後も痛む後遺症に悩まされることもあり、後悔することになりかねません。

できるだけ早く、正しい処置をしましょう。

スポンサードリンク

足首を捻挫したらサポーターをしたほうがいい?

捻挫は簡単に言うと、足関節の靭帯の損傷、ひどい場合は断裂をしている状態です。

損傷した靭帯が十分に回復し、関節補強の筋力がつくまでは、サポーターで固定することが必要です。

痛くなくなったからと固定をやめてしまうと、靭帯の筋肉が弛緩した状態で筋肉が弱っているため、

同じ部分を何度も捻挫する「捻挫ぐせ」が起こることがあります。

この「捻挫ぐせ」を起こさないためにも、大切なのがサポーターなのです。

足首の捻挫をしたときのサポーターの巻き方

サポーターは損傷した靭帯に負担をかけないよう、足首を固定するものです。

固定するためには、少しきついぐらいに巻くことが大事です。

面ファスナーで調節できるザムストA1ショートサポーターは、

履いた後に二方向にテーピングするように留めるだけなので、

簡単にしっかり巻くことが出来て人気です。

片方ずつ販売されているので、左右を間違えないようにしましょう。

ドラッグストアなどにある、ただ履くだけのサポーターは、

固定する力が弱いため捻挫の固定にはあまり向いていません。



足首を捻挫したときサポーターはいつまで必要?

サポーターは、軽い捻挫なら数日~2週間ぐらい、中度なら1ヵ月ぐらい、重度なら1ヵ月~2ヵ月というのが目安ですが、

一番大切なのは、自己判断せず医師と相談することです。

しかし、整形外科というのは医師によっての診断が大きく異なると言われるところ。

セカンドオピニオンが重要な診療科ともいわれます。

サポーターを続けても痛みがなくならない、など心配なことがあれば、

他の整形外科でもう一度診てもらうというのもいいでしょう。

また、接骨院も受診したという方が多くみられます。

スポンサードリンク

まとめ

捻挫の痛みというと、比較的我慢できて普通に歩けてしまう程度の痛みなので、

病院に行かず、そのままにしてしまいがちなのですが、

そのせいで後遺症に悩まされる方が多いというが現状です。

スポーツ選手では、それが致命的な怪我になることもあるほどです。

怪我に合ったサポーターを使って、しっかり固定しておくことで、

弱った足首に負担がかからず、

靭帯の修復、筋力の回復までを早めるので、サポーターの存在は重要です。

スポンサードリンク

 - 怪我

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

まぶたの痙攣が止まらない、原因は?治療はどうすればいい?

まぶたが勝手にピクピクしたことはありませんか? 誰もが一度は経験したことがあるの …

足の指が紫になって腫れて痛いときと痛くない時の対処の仕方は?

スポンサードリンク ぶつけた覚えもないのに足の指先が紫になって、腫れたり痛んだり …

深爪で痛い時の対処法と治す時に注意することと放置すると危険な理由

スポンサードリンク うっかり爪を切りすぎで深爪になってしまうことってありますよね …

足の小指の骨折を放置していたらどうなる?治る期間や後遺症は?

家の中を裸足で歩いていて、タンスで足の小指をぶつけて痛いッ!っということ、よくあ …

疲労骨折かも。腰を子供が痛がりサッカーなどをしている場合は気をつけて!

疲労骨折は継続して同じ動きをし続ける運動から起きることが多い為、スポーツ障害の中 …

膝に擦り傷が出来た時の応急処置は?砂の取り方は?絆創膏は使ってもいい?

子供は風の子!どんなに寒くても外を元気に走り回って、泥んこになって帰ってきますよ …

骨折で鎖骨の場合は手術が必要?入院期間は?リハビリは?

まず、鎖骨の骨折は外部からの衝撃で起こることが多く、ラグビーなどのコンタクトスポ …

入院生活のトレスを解消するための暇つぶしの仕方は?

スポンサードリンク 旦那さんが踵を骨折して入院中です。 入院生活中はなにかとスト …

オスグッドの症状でひざの痛みの原因と治療方法は?

10代前半のスポーツ選手、特にサッカーやバレーボール、バスケなど、 スポンサード …

恥骨の骨折の原因や痛みはどれくらい?リハビリはどうする?

足の付け根や股関節、恥骨の痛み。女性ならば一度は経験があるのではないでしょうか。 …