健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

麻疹に大人がかかった時の症状は?予防接種の見直しを

   

otonahashika

麻疹と聞くとわからないかもしれませんが、はしかと聞くとピンとくる人は多いのではないでしょうか。

一般的にははしかと呼ばれている麻疹ですが、国の定期接種ワクチン(風疹との混合ワクチン)に含まれているのでほとんどの方は子どもの頃に受けていると思います。

我が子たちも1歳時と小学校就学前年と計2回受けています。

もちろんその後も任意接種することは可能です。また、現在ではワクチンによる免疫持続は10年ほどと考えられているので、子どものうちに予防接種をしても大人がはしかに罹ることは珍しい事ではないのです。

さらに、おたふく風邪などと同じように大人がはしかになると重症化しやすくなると言われています。

では、もし大人がはしかにかかってしまったらどのような症状が出るのか、また大人の予防接種について詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

麻疹に大人がかかったらどうなる?

はしかは麻疹ウイルスによるウイルス性の感染症です。

その感染力は強く、空気感染や飛沫感染、接触感染など感染経路も多いことから流行しやすい感染症のひとつです。

ワクチン接種前の乳幼児が罹る事が多いのですが、最近では20代から30代の大人も多く発症しているようです。

冒頭にも触れましたように、子どもの症状よりも大人の方が重く、症状によっては入院になることもあるようです。

なぜ子どもよりも大人の方が重症化しやすくなってしまうのかは、明確な原因はわかっていないようです。

おそらく、子どもよりも大人の方が、活発に免疫システムが働いてしまうこと、そして、様々な事情で無理をしてしまいやすいということが大人と子どもの違いではないでしょうか。

次に、大人の症状についてみていきましょう。

麻疹の大人の症状は?

一般的なはしかの症状ですが、初期の段階で発熱、鼻症状、結膜炎が強く出ます。特に発熱は38度以上の高熱が数日間続き、この期間が最も感染力の強いと言われています。

また、肺炎や中耳炎の合併症になることも多く、脳炎を発症してしまうことも少なからずあるようです。

高熱から少し熱が下がった頃に、口の中に白い斑点が出てくるとともにまた熱が上がってきます。そして、特徴的な赤い発疹が全身にわたって出てきます。

スポンサードリンク

私が子どもの頃、家族旅行中に1歳の妹がはしかになってトンボ帰りしたことがあるのですが、高熱と赤い発疹が強烈だったので今でもはっきりと覚えています。

このように、子どもでもかなりしんどい症状のはしかですが、これが大人になると本当に大変です。

子どもの症状に加えて肺炎になる可能性が高くなり、肝機能にも影響が出ることがあります。

診断が遅れて症状が悪化していた場合は1週間程度の入院は免れないかもしれません。

そして、最悪な場合、麻痺などの後遺症が残ることもあるので、早期診断・治療がいかに重要であることがおわかり頂けると思います。

麻疹の大人の予防接種は受けたほうがいい?

結論から言うと受けた方がよいとされています。

特に子どもの頃に1度しか予防接種をしていない、はしかに罹った事がない、という方ははしかに罹る可能性は高くなります。

ほとんどの大人は、自分の子どもの頃の病気やワクチンについて知らないと思いますので、一度は母親などの保護者に聞いてみましょう。

特に妊娠を望んでいる人や妊娠中の女性がいる家族は抗体の有無にかかわらずワクチンを受けることを強くお勧めします。妊婦さんがはしかに罹ってしまうと早産や流産になってしまうことがあるからです。

妊娠中はワクチンを受けることはできませんので、身近なところからの感染を防ぐことが何より大切です。もしワクチンを受けたかどうか、はしかになった事があるかどうかわからない場合は抗体検査を受けてみてもよいでしょう。

ですが、検査費用は実費になりますし、費用や病院へ行く手間から考えても、抗体検査をせずにワクチンを受けた方が早いと個人的には思います。

まとめ

大人の症状を見ているだけでもかなり恐ろしいですね。普通の大人でも重症化してしまうのに、ましてや妊婦さんが罹ってしまうと取り返しのつかない事になるかもしれないのです。

これだけでもワクチンの重要性は十分にわかってもらえるのではないでしょうか。

予防接種を受けることは自分自身や家族の為だけではありません。視野を広げてみれば国全体の宝である子どもを守ることになるのです。

有効なワクチンで防ぐことの出来る病気ならなおさら、受ける価値は絶対にあります。

わざわざ病院へ行くのが面倒な気持ちもわかりますが、社会人になる時、海外旅行する時、結婚や妊娠など、どんな機会でも構いませんので、はしかについて一度考えてほしいです。

そして、抗体がない可能性が少しでもあるならばその機会にワクチンを打ってくださいね。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

蓄膿症の子どもの症状と原因を早めに知って対策を!放置はダメ

蓄膿症、その名の通り膿が蓄えられて起こる症状の事をいいます。 顔の外側から見ると …

片頭痛の治し方や効く飲み物や食べ物は?病院に行くなら何科?

何もしていないのに突然片方のこめかみの辺りが、ズキン、ズキン…と不規則に痛むこと …

クループ症候群の症状によって入院になることも!保育園はいつから?

「クループ症候群」って知っていますか? 細菌やウイルス感染で、喉が腫れることで起 …

子供が膝の痛みで歩けない原因は何?どんな病気なの?

スポンサードリンク 子供が、怪我をしたわけでもないのに急に膝を痛がる、というのは …

耳にしこりがあるけど痛くないけどいつか消えるの?放置していたらどうなるの?

スポンサードリンク 耳のピアスのまわりにしこりが出来るのは珍しくない話で、 私自 …

足の裏が熱いことが多くて夜も寝れないことがある人は一度病院に行ったほうがいいかも!!

一日過ごした後、布団に入ると足が火照って眠れなくて、保冷材を当てたり、水に浸けた …

逆流性食道炎の睡眠のときの姿勢や夜中に吐き気がするときの応急処置は?

スポンサードリンク 逆流性食道炎では、夜中に吐き気や胸やけなどの症状が強く出やす …

肋間神経痛の原因と症状と対策は?痛みが胸にあることもある?

スポンサードリンク 肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経、主に胸の辺りが痛む …

風邪のひきはじめに効果があることや食べ物は?風呂は入ってもいいの?

スポンサードリンク 昨日までは元気いっぱいだったのに、今朝起きた時から「何となく …

足に赤い斑点で内出血があっても痒くない場合はどんな病気なの?

皮膚に見られる足の赤い斑点、凹凸もなく特に痒みはなく場所も数も増えたり減ったりと …