健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

更年期障害の症状はいつからいつまで?治療は何科?家族への対応は?

   

kounenkisyougaisyoujyou

更年期障害とは主に40代に入って閉経を迎える前後位になると起こる、自律神経失調症の一種となります。

更年期障害になるのは人それぞれなので、一概にはいつとは言えませんが、一般的に似たような症状に悩まされることが多いと言われています。

何となく気分がすぐれなかったり、生理が安定しなかったりした時は更年期障害を疑ってみることも必要でしょう。

先ずは更年期障害は具体的にいつから始まるのか、どのような症状が出てくるのかなどを順を追ってみていくことにしましょう。

スポンサードリンク

更年期障害の症状はいつからいつまで?

女性の体内では、年齢を重ねるにつれてホルモンバランスの変化が起こり、大体50代を迎える頃になると閉経を迎えることになります。

更年期障害とは閉経を迎える前後に始まる症状なので、主に40代以降からが最も多いと言われています。

更年期障害はホルモンバランスの乱れによるものです。

閉経を迎えると女性の体の中ではエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれるホルモンの分泌が減少していくのですが、ホルモンの分泌を司る脳の視床下部という場所から、卵巣に対してもっとエストロゲンを分泌するように指令が出されます。しかし実際には分泌することは出来ないので、その辺りでバランスが乱れて更年期障害独特の症状が起こってしまうんですね。

更年期障害が終わるということはないのですが、更年期障害自体が、エストロゲンの減少による体の変化についていけないことから起こってくるので、このエストロゲンの減少に体が慣れてくれば、自然に更年期障害の辛い症状も治まってくるといえるでしょう。

更年期の治療は何科で診てもらえる?

更年期障害はホルモンバランスの乱れから起こる症状なので、婦人科で診て貰うことが出来ます。

スポンサードリンク

症状として暑いわけでもないのに体がほてったようになってしまう「ホットフラッシュ」という症状や、大量の汗をかく、頭痛やめまい、不眠などの症状が現れることが多いのですが、これらは全てホルモン注射により大分緩和させることが出来ます。主に減少したエストロゲンを注射で補う方法ですね。

また、漢方による治療や、イライラや抑うつ状態などを伴うメンタル面の治療としては、抗うつ薬などを処方される場合もあります。

更年期の家族への対応は?

現在では旦那さんが退職した後に離婚する、というようなこともよくある事となりましたが、奥さんが更年期障害になったことで離婚まで発展するケースも珍しくはなくなってきました。

更年期障害は病気なのです。そこを理解して貰えないのはとても悲しいことですよね。

更年期障害は全く体が動かない、ということはありませんので、家事が出来なくなるのではありませんが、急に気分がすぐれなくなったりめまいや頭痛が起こったりした時には休むことも必要です。

このような状態の時に、家事をやらないでサボっているなどという見方をするのは間違っていますし、避けないといけない判断です。出来れば旦那さんも一緒に病院に行って、更年期障害とはどんなものなのか理解することが大切でしょう。

また、母親が更年期になった場合の子供の対処としては、やはりその状況をできるだけきちんと把握して理解してあげること。

家事が辛い時などは出来るだけ手伝ってあげられるようになることが大切なことと言えるでしょう。

更年期障害になってしまった本人も、辛い時は辛い、出来ない時は出来ないときちんと伝えることが最も重要な事となります。

まとめ

更年期障害は女性にとって避けて通ることの出来ない問題でありますが、本人はとても辛い状況にいたとしても、それを周りに伝えるのはとても難しいと言われています。

しかし、更年期障害は病気なのだ、という認識をしっかり持って、辛い時はきちんと伝えること。

更年期障害は婦人科での治療によって症状を和らげることが出来ますので、無理をしないで受診することを心がけることが大切です。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

歯茎が痛くて腫れていて熱があるときの薬は市販でも買える?

スポンサードリンク 歯が痛い時は少しの痛みでも頭がボーっとして、 仕事や勉強に身 …

運動後の頭痛や吐き気の原因は?治し方はどうすればいい?

気持ちよく運動をしていた時には気づかなかったのに、運動後に頭痛や吐き気が。 スポ …

水疱瘡でお風呂に入っていい?感染する期間は?兄弟は登園してもいい?

水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスが引き起こす感染症のひとつです。 子供に多く見られ、 …

風疹の妊婦の予防接種は必要?もしなったら胎児への影響は?

風疹、俗にいう3日はしかの事ですが、子どもに多く見られる感染症のひとつです。 で …

主婦湿疹の治し方で潰すのはいいの?薬は何を使えばいい?

手にできる湿疹、水泡でよくみられるのが、 スポンサードリンク 家事や水仕事を多く …

肋間神経痛の原因と症状と対策は?痛みが胸にあることもある?

スポンサードリンク 肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経、主に胸の辺りが痛む …

赤ちゃんが鼻水で寝苦しく夜泣きがひどい時に楽にする方法は?

赤ちゃんは自分で鼻をかむということが出来ないので、 スポンサードリンク 鼻水や鼻 …

シェーグレン症候群の症状と原因やドライアイとの違いは?

皆さんはシェーグレン症候群という病気をご存知でしょうか? 私自身は初耳だったので …

子供が風邪かと思ったら肺炎だった!症状は?入院しなくてはいけない?

スポンサードリンク 肺炎は、一昔前は死に直結するような恐ろしい病気として言われて …

気管支炎の症状で子供の場合の原因は?過ごし方は?

スポンサードリンク 気管支炎とは、気管と肺の間に無数に広がっている気管支がウイル …