健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

まぶたのたるみで疲れて見える顔に効果のある筋トレやクリームは?

   

mabutanotarumi

まぶたのたるみは女性ならば気になる所ですよね。

主に加齢が原因ではありますが、肥満による瞼の脂肪増加や乾燥などからもたるみを引き起こします。

目元の印象は顔の印象を強く主張することもあり、まぶたがたるんでいると疲れているように見えたり実年齢よりも老けて見えます。

また、日常生活においてはまぶたのたるみが原因で頭痛や肩こりになることもあります。

肥満や乾燥は解消しやすいかもしれませんが、年齢には正直勝てないと思ってしまいますよね。

でも諦めるのは早いと思います。

自分で出来る事から始めていく事が大切ですし、美容外科で簡単に手術をしてたるみを除去することも出来るのです。

そして、まぶたのたるみを予防する為にも普段からきちんとしたお手入れが重要となります。

では、このまぶたのたるみについて対処法や改善方法を詳しく探っていくとします。

スポンサードリンク

まぶたのたるみで疲れて見える

まぶたは全身運動の中でも特によく動かしている部分ですので、知らない内に筋肉疲労をしていますし、目の周りの皮膚は非常に薄い為に乾燥しやすくトラブルも多いと思います。

また、肥満の方に多くみられるのは、まぶたの脂肪の重みに耐えられずに下がってくることによってたるみを引き起こしているのです。

実はまぶたのたるみが原因で起こる病気もあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)と言って、簡単に説明するとまぶたが下がることで視野が狭くなる症状です。

眼瞼下垂になってしまうと目が開け辛くなり、常に疲労困憊しているように見えてしまいます。肩こりや頭痛に悩むようになったり、自身ではどうにもならないような重度の場合は手術が望ましいでしょう。

病気のひとつですから、保険適用の手術になります。

あまりに酷いたるみがある場合は一度眼科へ相談してみてもよいでしょう。

まぶたのたるみをなくす筋トレは?

比較的に軽度のたるみの場合は、自己トレーニングで改善できることがあります。

スポンサードリンク

簡単に出来る方法がいくつかあるのですが、一番わかりやすい方法をご紹介します。

まず、おでこが動かないようにおでこ全体に手のひらを横にして押さえます。

そして、目を大きく見開いて3秒ほどその状態を保ちます。この時、おでこが絶対に動かないようにして下さい。

おでこの筋肉を使って瞬きをする癖がついている人は初めは難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきますので大丈夫です。

この3秒キープを10回繰り返して毎日続けてみましょう。

初日に自分の顔の写真を撮影しておけば、筋トレの効果が後にわかりやすく見ることが出来るでしょう。

まぶたのたるみに効くクリームは?

先ほど少し触れましたが、たるみの原因にもなる乾燥を防ぐためにも保湿が絶対に必要になります。

たるみに効くクリームは、目元専用のアイクリームです。

顔全体に使っている化粧水や乳液に加えて、目元は重ねてアイクリームで保湿すると効果的です。

顔の中でも目の周りは皮膚が一番薄くデリケートですから丁寧にお手入れしてあげましょう。

また、単純に塗るだけではなく、軽くマッサージをするように塗りこんでください。

1.2日ですぐに効果が表れるわけではありませんので、まずは1ヶ月続けてやってみましょう。

たるみだけではなく、小じわやくすみもなくなってきますので、目元が明るくなりメイクをするのが楽しくなると思います。

外側からの対処と並行して、身体の内側から改善することも大切です。

身体の内側というのはやはり食生活です。大豆食品、コラーゲンやポリフェノールをたくさん含む食べ物を積極的に摂りましょう。

まとめ

女性ならば何歳になっても若々しくいたいものですよね。

歳を重ねても年相応の美しさがありますが、まぶたがたるんでシワシワの目元にはなりたくないです。

まだ30代の私も20代の頃とはやはり肌質が全く違います。

出産して子育てに追われているのでなおさらです。

自分自身をお手入れする時間を確保するのはなかなか難しいですが、目元と口元だけは意識して気にするようにしています。

特に冬はただでさえ乾燥しやすい季節ですから、いつも以上に保湿するように心掛けています。

最終手段に手術という手があるのも、情報として頭に入れておくのは何となく心強いですよね。女性が明るくポジティブに生きていくために、まずはご自身の努力が必要です。
共に、頑張りましょう!!

スポンサードリンク

 - 病気 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

肩こりで肩甲骨に痛みがある場合の解消する方法は?何か病気なの?

スポンサードリンク 普段から肩こりが酷い場合は、特別肩甲骨の辺りが痛いと感じても …

耳の後ろが痛いときに何科に行けばいい?リンパやしこりなど症状別で受診するところも違う?

スポンサードリンク 耳の後ろは頸部リンパ節や耳下腺、顎関節など様々な器官がある場 …

痰が絡む咳がなかなか治らない原因と治し方は?

スポンサードリンク 痰が絡む咳というのは、何らかの病原菌に対して体が拒んでいる状 …

足の裏が熱いことが多くて夜も寝れないことがある人は一度病院に行ったほうがいいかも!!

一日過ごした後、布団に入ると足が火照って眠れなくて、保冷材を当てたり、水に浸けた …

飲み込みにくいしむせる原因は?何か病気かもしれない?

食事の際、食べ物が喉に詰まって飲み込みにくかったり、むせたりした事はあるでしょう …

認知症の疑いがあるときの対応で家族が困ったことはどんなこと?

認知症は今では65歳以上の人の1/4が発症していて、高齢者には珍しい病気ではあり …

ドライアイの治療は目薬や食べ物で治る?手術は最終手段?

現代病とも言えるドライアイ、この目の病気に悩まされている方は決して少なくないと思 …

喉が痛いのが治らない時はちみつっていいの?眠れない時にも効果ある?

風邪やインフルエンザで喉が腫れてしまうと、 スポンサードリンク 寝付けなかったり …

歯がしみる時の応急処置と原因は?これは知覚過敏なの?

スポンサードリンク 冷たいものや熱いものを食べた時にキーンと歯がしみてしまう、と …

気管支炎の症状で子供の場合の原因は?過ごし方は?

スポンサードリンク 気管支炎とは、気管と肺の間に無数に広がっている気管支がウイル …