健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

蓄膿症の子どもの症状と原因を早めに知って対策を!放置はダメ

   

kodomotikunousyou

蓄膿症、その名の通り膿が蓄えられて起こる症状の事をいいます。

顔の外側から見るとわかりませんが、実は鼻の周りには空洞があります。

この空洞を副鼻腔といい、この場所が炎症を起こして膿が溜まってしまう病気です。

初期の段階では急性副鼻腔炎と呼ばれますが、慢性化したり長引いた場合は蓄膿症と呼ばれます。

アレルギー性鼻炎や風邪などの鼻の症状が悪化すると副鼻腔炎や蓄膿症になってしまうことがあります。

特に、子どもは身体が未発達なこともあり、大人よりも細菌に感染しやすいですし、上手に鼻をかむことが出来ずに鼻水を吸い込んでしまいますので、悪化しやすいのです。

副鼻腔炎の段階で治療が出来れば慢性化することはないと思いますが、子どもは自分の症状を上手に説明できませんので、早めの適切な治療をしてあげることが大切です。

では、子どもの蓄膿症について、その症状や原因を詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク

蓄膿症の子供の症状は?

蓄膿症の主な症状は、粘り気のあるドロドロした緑色の鼻水、鼻の周りの顔が痛い、鼻や口から異臭がするといったものです。

ですが、こういった症状でなくても鼻の症状が長引いている場合は耳鼻科へ行くことをお勧めします。

個人的は小児科よりも耳鼻科の方がより詳しく見てもらえると思います。

鼻の症状が続くと中耳炎になる可能性も高くなりますし、病院によっては鼻の洗浄をしてもらえます。

ちなみに私の子どもが通っている耳鼻科では、針のない注射器を使って鼻の穴を片方ずつ食塩水で通してもらえますので、かなりスッキリするようです。

副鼻腔炎や蓄膿症の場合はレントゲン撮影をすれば素人がわかるくらいに一目瞭然ですので、すぐに適切な治療をしてもらえます。

風邪だと診断されて薬を飲んでも治らないという時には、耳鼻科へ受診してみてください。

蓄膿症の子供の原因は?

冒頭にもお話したように、大人と比べると風邪を引きやすいです。

また、風邪を引かなくても花粉症などのアレルギー性鼻炎の子どもは年中鼻水とのお付き合いになります。

スポンサードリンク

我が子も根っからのアレルギー体質ですから、毎日のようにくしゃみと鼻水を繰り返しています。

アレルギーの場合は、アレルギー反応を抑えることで症状も軽くなりますが油断は禁物です。

なるべく風邪を引かないように、規則正しい生活や食生活、部屋の温度や湿度の管理を日頃から意識してほしいです。

さらに重要なのは親の判断ではないでしょうか。

ただの風邪と思いずっと同じ薬を飲み続けても治らず、結果的に悪化してしまったということにならないよう、おかしいと思った時点で病院を変えるなり医師へ相談するなりと親がきちんと管理することが大切なのです。

子どもは治りが早いですが、悪くなるのも早いです。蓄膿症になってしまう前に早めの判断と治療をしてあげましょう。

子供の蓄膿症を放置しておくとどうなる?

脅かすようですが、蓄膿症の放置は大変危険な行為です。

膿がどんどん副鼻腔に溜まっていき炎症を繰り返すことで鼻呼吸は難しくなります。

口呼吸に頼らざるを得なくなり、細菌やウイルスに感染しやすい環境になってしまいます。

最悪の場合、手術で膿を取り除くようなことにもなりかねません。

もっと恐ろしいのは鼻腔がんです。もちろん、放置せずにきちんと受診して治療をすれば何も怖くありません。

ましてや子どもの事ですから、親が放置するなんてことは絶対にあってはならないのです。

子どもの健康管理も親の責任です。

病気になってしまうのは仕方がありませんが、大切なのはその後の対応です。

鼻を上手くかめない子は特に普段から気をつけてみてあげてほしいです。

まとめ

私自身、風邪症状が悪化して副鼻腔炎になったことがあるのですが、ビックリするくらいのドロドロが鼻から口から出てきます。

そして何より顔面が痛く、頭痛も酷くなりました。

すぐにおかしいと思って耳鼻科へ行ったのが正解でした。

抗生物質と鼻の洗浄を何日か通う事でそれ以上悪くなることもなく、完治することができました。

大人ですら辛い症状なのに、子どもの場合を考えると大人以上に大変なことがわかります。

少し痰が喉に落ちただけでもものすごく咳き込みますよね。子どもの身体はどれもこれも小さくて細いのです。

先ほどから耳鼻科を推奨していますが、出来れば子どもの対応に慣れている耳鼻科を選んで頂きたいです。

小児科と併せてかかりつけの耳鼻科を探しておくと治療の選択肢が広がりますので、是非検討してみてください。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

水疱瘡の大人の症状と予防接種について!帯状疱疹の予防にもなる?

子どもの代表的な病気で知られている水疱瘡ですが、大人でも罹ってしまうことがあるの …

逆流性食道炎に食事のおすすめや回数は?食べた後に気持ち悪くならないためには?

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、食道へ逆流してしまう病気で、 スポンサード …

子供の喘息の見分け方で胸の音はどういうふう?受診の目安は?

スポンサードリンク 痰が絡んだような咳が続いているし薬を飲んでも症状があまり変わ …

大人の喘息の原因と症状は?入院することもある?

スポンサードリンク 喘息と言うと子供の病気を連想する人が多いのですが、 実は大人 …

足の裏のほくろって危険なの?手術して取ったほうがいいの?

入浴中、体をこすっていると、「あれ?いつのまにかこんなところにほくろが・・・」と …

パーキンソン病の症状と原因と初期からの経過はどうなる?

パーキンソン病は、中年以降に発症することが多い難病です。 スポンサードリンク 指 …

ドライアイの治療は目薬や食べ物で治る?手術は最終手段?

現代病とも言えるドライアイ、この目の病気に悩まされている方は決して少なくないと思 …

外痔核に出産後になった。痛みはいつまで続く?治療はどうする?

外痔核と聞いてもピンとはこないと思うのですが、簡単に言うとイボ痔のことです。 肛 …

右腰が痛い!治し方は?なにか病気かもしれないの?

腰痛というと昔は中年の病気という印象が強かったですが、 スポンサードリンク 最近 …

もし子供が中耳炎になってしまったら!?親が知っておくべきお風呂の入らせ方

スポンサードリンク 中耳炎のほとんどは風邪がきっかけで発症します。 耳の中から菌 …