健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

クループ症候群の症状によって入院になることも!保育園はいつから?

   

crepusyoukougunnyuin

「クループ症候群」って知っていますか?

細菌やウイルス感染で、喉が腫れることで起きる症状で、

犬の遠吠えのような変わった咳が出るのが特徴です。

0~5歳ぐらいの子がかかりやすく、

ひどくなると呼吸困難も起こすので、入院加療が必要になることもあります。

ママタレントの赤ちゃんが救急搬送されたこともあり、

最近は有名になってきた「クループ症候群」ですが、

昔から知られている病気ではないので、まだわからない人も多いようです。

いざという時に困ってしまわないよう、どんな病気か知っておきましょう。

スポンサードリンク

クループ症候群の症状は?

クループ症候群は、生後3ヵ月~6歳未満に多い「症状」です。

病気ともいわれがちですが、厳密には病気の症状なんです。

声帯や咽頭が「パラインフルエンザウイルス」「インフルエンザウイルス」などのウイルスや細菌に感染し、

腫れあがってしまい、気道の内腔が狭くなって

「ケンケン」「ケーンケーン」など犬のような特徴的な咳が出ます。

「オットセイのような」とも表現されますが、とにかく変わった咳をしていたらこの病気に注意です。

喘息にも似ていますが、喘息では息を吐くのに苦しいのが、

クループ症候群の場合は息を吸うときに「ゼコゼコ」「ヒューヒュー」という音がします。

自宅で安静に過ごし、吸入薬や咳止め薬などで治療することができますが、

息が吸えなくなって呼吸困難を起こす危険もあり、月齢の低い赤ちゃんの場合は入院して治療することもあります。

スポンサードリンク

クループ症候群での入院期間は

入院期間は症状により変わるので、一概に入院が何日とは言えないですが、

ステロイド点滴をしながら、念のため、1週間前後入院することが多いようです。

喉の腫れが治まり呼吸困難の心配がなくなること、咳が治まることなどが、退院の目安になります。

これはあくまで目安であり、薬が効いてすぐに元気いっぱいになり、喉の腫れも治まれば、

早い子なら3日程度の入院で済むこともあるようです。

逆に、まれに呼吸困難を起こし気道切除手術が必要になってしまうと、長い入院になります。

普段と変わった咳をしていたら軽視しないで、

念のため早めに小児科に行き、キチンと対処すれば怖くはない病気です。

クループ症候群は保育園にはいつから登園できる?

クループ症候群は、ウイルスや細菌への感染で起きるので、

感染症と考えていいと思います。

保育園は、熱があるうちはもちろん、

咳をしていたらお休みした方がよいでしょう。

昼間の咳も治まり、熱が下がったら、保育園は大丈夫だと思いますが、

先生にきちんと症状を伝え、薬が出ていたら服薬もお願いしておきましょう。

咳の発作時の吸入薬が処方されている場合は、吸入薬を先生に預けて下さい。

インフルエンザに伴ってクループ症候群が起こることがありますが、

この場合、解熱後2日は登園が禁止になり、医師の登園許可証が必要になります。

クループ症候群でも自宅安静の場合は、病中保育などが対応してくれることもあるので、

いざという時に備えて近くの病中保育園を調べておくといいかもしれません。

まとめ

仕事が忙しいお母さんには、保育園をお休みしたり、はたまた入院なんてことになったら、

パニックを起こしてしまうかもしれません。

かと言って、クループ症候群は、

放っておいたら治るどころか、まれに死に至ることもありますので、

診察に行くタイミングなど、適切な判断が必要です。

まずは普段から赤ちゃんの様子をみておくことで、健康管理に心がけましょう。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

夏バテで吐き気がする時の解消の仕方は?食べ物は何を食べてもいいのかな?

これでもか、というような猛暑で、毎年夏バテが当たり前になっている人も多いと思いま …

更年期障害の症状はいつからいつまで?治療は何科?家族への対応は?

更年期障害とは主に40代に入って閉経を迎える前後位になると起こる、自律神経失調症 …

子供の咳でクループ症候群か判断!喘息との違いは?感染する?

クループ症候群とは、声帯や喉がウイルスや細菌に感染し、咽頭などについて炎症を起こ …

水疱瘡の薬を顔や目の周りや頭への塗り方のコツは?

痒みのある赤い発疹、熱もある!!という時は水疱瘡に罹っている可能性が高いでしょう …

認知症の疑いがあるときの対応で家族が困ったことはどんなこと?

認知症は今では65歳以上の人の1/4が発症していて、高齢者には珍しい病気ではあり …

ぶつぶつのかゆみの原因で特に手の甲にできていて水泡がある場合はどうしたらいい?

季節の変わり目は皮膚疾患の多い時期。 スポンサードリンク 特に、ぶつぶつやかゆみ …

子供の喘息の応急処置は?入院するのはどんなとき?予防するには?

小児喘息は乳幼児に発症することが多く、大人の喘息に移行してしまわないように子供の …

夏バテで下痢をしたときの治し方で薬はどんなものがいい?食べ物は何なら食べてもいいの?

猛暑という言葉が珍しくなくなりました。 暑さのあまり、冷たい飲み物をゴクゴク飲ん …

もし子供が中耳炎になってしまったら!?親が知っておくべきお風呂の入らせ方

スポンサードリンク 中耳炎のほとんどは風邪がきっかけで発症します。 耳の中から菌 …

足の裏のほくろって危険なの?手術して取ったほうがいいの?

入浴中、体をこすっていると、「あれ?いつのまにかこんなところにほくろが・・・」と …