健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

歯ぎしりの治し方は?マウスピースは市販のものは保険適用になる?

   

hagishirinaoshikata

歯ぎしりで悩んでおられる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私の主人も毎晩のように歯ぎしりしています。

子供が出来てからは別の部屋で寝ているので気にはならなくなりましたが、同じ布団で寝ている時は、言い方は悪いですが私にとっては睡眠妨害でした。

本人は歯ぎしりを自覚しているので歯科治療の時に相談しているようです。

さて、歯ぎしりははっきり言って悪影響しかありません。

私が主人に対して思っていたように自分以外の人の睡眠を妨げるだけでなく、酷い歯ぎしりが続くと歯が欠けたり割れたりすることがあります。

また、歯並びが悪くなりますからその先の影響を考えると悪い事しかありません。

様々な面から考えても、出来れば歯ぎしりは治したいですよね。

では、歯ぎしりを治すための方法を探っていくとしましょう。

スポンサードリンク

歯ぎしりの治し方は?

歯ぎしりの治し方ですが、まず考えられる原因をひとつひとつ解決していくことが大切です。

主な原因はストレスと言われており、普段から真面目でストレスを溜めこみやすく、また、ストレスの発散を上手に出来ない方によく見られる症状だと言われています。

ストレスがない人なんていないと思いますが、自分でもわからないうちにストレスは溜まっているものです。

私の主人も仕事柄や性格上から考えると腑に落ちます。

歯ぎしりをすることで歯並びが悪くなると冒頭でお話しましたが、もともと歯並びが悪い、噛み合わせが上手くいっていない、顎関節症を患っているなどからも歯ぎしりの原因になることがあります。

その他、過剰なアルコール摂取や喫煙も歯ぎしりの要因になっていることがあります。思い当たることがある人は控えめにするなどして気をつけて下さい。

歯ぎしりでマウスピースは市販のものでもいい?

歯ぎしりの改善や予防にはマウスピースの使用が有効です。

もちろん市販のものでも悪くはないのですが、最善策とは言えないでしょう。

スポンサードリンク

なぜなら、人の口や顎の形は人によって全く異なるからです。ひとりひとり全く違うといってよいでしょう。

歯ぎしりだけで病院へ行くのは少し億劫になるかもしれませんが、歯科を受診して自分に合ったオリジナルのマウスピースを作ってもらってください。

市販のものより効果は出ますし、合わないものを使っていると逆効果になることもあります。

ちなみに、私の主人もマウスピースを勧められているようです。本人は余計に寝られなくなるからと断ったようなのですが、タイミングを見て私からも再度勧めようと思っています。

歯ぎしりでマウスピースを使用するときは保険適用?

結論から言うと保険は適用されます。

病院によっても費用は多少異なってきますが、基本的には5千円程度でマウスピースを作る事が出来るようです。

例えば、顎関節症が原因で歯ぎしりを起こしている場合、スプリント治療という治療法を選択する場合があります。

このスプリント治療で、マウスピースを使用するのです。

顎関節症は様々な要因が複雑になっていることがある為、この治療だけを行うということではないようですが、歯や顎の負担を減らす目的でマウスピース(スプリント装置)を作ります。

もちろん、歯ぎしりの原因は顎関節症だけではありませんので、なぜ歯ぎしりをしているのか、原因を突き止める必要があります。

ストレス以外にも機能的に問題があるのであれば、治療方針が変わってきますし、保険適用に該当するか否か医師が判断することになります。

いずれにしても、きちんと受診をして保険が適用されるのか医師に相談してください。

もし、一つの病院で納得できない場合はセカンドオピニオンをしてみるのもお勧めです。

まとめ

歯ぎしりを治したい、と思ったらまずは歯科に行くのが一番ですね。

そこで、原因がはっきりすれば根本的な治療が出来ますし、マウスピースを使用すれば悪化することはないでしょう。

特に歯にも顎にも問題がない時はストレスの可能性が高くなるわけですが、まずは自分から出来ることから始めてみて下さい。

十分な睡眠がとれているか、食生活は乱れていないかなど、改善できることが見つかるでしょう。

私自身ストレスが溜まっているなと感じた時は、車で走りながら大きな声で歌います。

可能な限り布団に籠って寝ることもあります。

その方に合ったストレス発散法がありますから、何が一番スッキリするか一通り試してみるのもよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

スポンサードリンク 肩こりや筋肉痛、打撲や捻挫の痛みを素早く緩和する湿布薬。 気 …

膝に違和感があって痛みもあるのは病気なのか?

膝の違和感、耐えられないほどの痛みでもないけれど何か膝が変と思ったことはないでし …

逆流性食道炎に食事のおすすめや回数は?食べた後に気持ち悪くならないためには?

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、食道へ逆流してしまう病気で、 スポンサード …

耳の後ろがズキンと痛い原因は?腫れてる場合とそうでない場合

急に耳の後ろがズキンと痛むことはありませんか? スポンサードリンク 耳は脳にも近 …

川崎病の症状で子供が入院するのはどんな時?後遺症はあるの?

スポンサードリンク 川崎病という病気は子供がかかりやすく1万人に一人ぐらいの割合 …

手足口病に大人がなったら出勤はしてもいい?まわりに感染してしまう?病院はいついく?

手足口病は手の平、足の裏、口内に水疱が発生するという症状の英語病名(Hand, …

顎が痛い!顎関節症は口が開かないの?その時の応急処置は?

突然顎が痛くなって開けられなくなった経験はありませんか?この症状が出たときは顎関 …

子供が膝の痛みで歩けない原因は何?どんな病気なの?

スポンサードリンク 子供が、怪我をしたわけでもないのに急に膝を痛がる、というのは …

赤ちゃんの虫歯菌がうつるのはいつからいつまで?予防は?

現在子育て真っ最中の方はもちろんのこと、これから赤ちゃんを産む妊婦さんにも是非知 …

パーキンソン病の症状と原因と初期からの経過はどうなる?

パーキンソン病は、中年以降に発症することが多い難病です。 スポンサードリンク 指 …