健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

痰が絡む咳がなかなか治らない原因と治し方は?

   

tansekigenin

痰が絡む咳というのは、何らかの病原菌に対して体が拒んでいる状態。

喉や気管などの炎症のサインでもあります。

原因が喫煙などはっきりしている場合は、禁煙することで治まるはずですが、

原因が分からない咳や痰が続く場合は、重篤な病気も考えられます。

今回は、痰が絡む咳の対策や原因について調べてみました。

スポンサードリンク

痰が絡む咳がなかなか治らない

夜もし寝られないぐらいの咳や痰に困ったら、

応急処置として、寝るときに頭を高くして寝たり、胸にヴィックスヴェポラップを塗ったり、

はちみつ湯を飲んだり、加湿器で乾燥を防ぐことが効果的です。

雨=加湿という印象がありますが、気管支喘息は実際、梅雨時に症状が悪化する傾向があったので、

雨にはむしろ咳をひどくする傾向が考えられます。

そのため、雨の日に咳がひどい時などは、

シャワーでお湯を出して、脱衣所でその蒸気を吸うと手っ取り早く対策が出来ます。

痰は下記のとおり、鼻や喉、気管支、肺、食道など、幅広い部分の病気のサインになっているので、

2~3週間長引いたら病院での検査が必要です。

痰が絡む咳の原因

痰の色も、実は原因を判断にする大事な要素になります。

大まかに分けると、

<白、黄色っぽい場合>

スポンサードリンク

急性気管支炎、急性肺炎、急性咽頭炎、びまん性汎細気管支炎、副鼻腔炎(蓄膿症)など

<白から透明っぽい痰の場合>

非細菌性感染症、アレルギー性気管支炎、マイコプラズマ肺炎、気管喘息、慢性閉塞性肺疾患など

<緑色っぽい痰の場合>

慢性気管支炎、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、逆流性食道炎、副鼻腔炎、緑濃菌など

<茶色、赤色、ピンク色の痰(血痰)の場合>

気管支拡張症、肺結核、肺梗塞症、肺真菌症、グッドパスチャー症候群、肺水腫など

の疑いがあります。

痰が出ると感じたら、痰の色や粘り気も注意深く観察しましょう。

痰が絡む咳の治し方

まず、すぐ実践できることとしては、痰を飲み込まないこと。

痰は、体が追いだした病原菌かもしれないのですから、再び体内に入れないようにします。

市販薬で有名なのは、誰でも聞いたことがある「龍角散」です。

漢方で体に負担がかからず、痰を切り、咳を鎮める生薬が穏やかに効いてきます。

シロップでは「ブロン液シリーズ」が人気のようです。

小児用もあるので、お子様の咳に困った時にも使えます。

ただ、長続きしている頑固な咳や痰は、市販薬では治らないことが多いので、

レントゲンなどの検査をして、適切な薬を処方してもらう方がよいでしょう。

まとめ

咳が長く続いたら、病院に行くのが一番安心な対応ですが、

病院嫌いだったり、病院の診療時間に行けなかったり、と、

なかなか診察を受けずに過ごしてしまうもの。

でも、「咳エチケット」という言葉があるように、咳や痰を切る音は、

自分より周りの人達が不快になるもの。

家族や同僚など、自分と一緒に過ごしている人達のためにも、

無理はしないようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

水疱瘡でお風呂に入っていい?感染する期間は?兄弟は登園してもいい?

水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスが引き起こす感染症のひとつです。 子供に多く見られ、 …

ドライアイの症状をチェック!疲れ目の違いと対策を知ろう!

仕事柄パソコン業務が多かったり、手元で細かい作業を長時間していると、目が疲れたと …

赤ちゃんの虫歯菌がうつるのはいつからいつまで?予防は?

現在子育て真っ最中の方はもちろんのこと、これから赤ちゃんを産む妊婦さんにも是非知 …

認知症の疑いがあるときの対応で家族が困ったことはどんなこと?

認知症は今では65歳以上の人の1/4が発症していて、高齢者には珍しい病気ではあり …

鼻の奥が痛くて乾燥している感じがするのは何か病気なの?

スポンサードリンク 毎年、乾燥し始める秋口から、花粉症の流行る春までは、鼻の不快 …

右腰が痛い!治し方は?なにか病気かもしれないの?

腰痛というと昔は中年の病気という印象が強かったですが、 スポンサードリンク 最近 …

認知症の早期発見と治療で家族がすることと病院で行うことは?

認知症は早期発見と言う言葉は当たり前のように聞きますが、 スポンサードリンク 実 …

口内炎が痛い時に早く治す食べ物や市販薬は何がいい?

スポンサードリンク とっても痛い口内炎ですが、口内炎で会社を休んだり病院に行った …

水いぼのピンセットでの芯の取り方と処置後のお風呂

感染性のいぼとして小児に流行する水いぼ。 うっかり潰してしまうと、そこから出たウ …

尿路感染症の赤ちゃんの原因や症状は?入院するのはどんなとき?

尿路感染症というと聞き慣れないかもしれませんが、膀胱炎と聞くとピンとくるのではな …