健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

鎖骨の骨折の症状と着替えで工夫したこと!

   

sakotukossetu

鎖骨骨折は身近に起こりやすい骨折です。

そしてくっつきにくい場所なので気を付けないといけません。

知り合いが鎖骨骨折をしたときの様子を聞いてきました。

スポンサードリンク

鎖骨の骨折のしたときの様子

骨折の部位は左の鎖骨でした。

自転車のハンドルに傘をかけて走っていて、傘が自転車のタイヤに巻き込まれ転んだ時に肩から落っこちて何とか歩いて家までは辿り着きましたが父親が左肩が下がっている私の姿を見て、すぐに救急車を呼んでくれました。

頭からも少し血が出ていたのでそちらの方が心配だったらしいのですがそれは切り傷程度のもので問題はなく、レントゲンを撮ったら鎖骨が折れていました。

骨折の時の過ごし方は普段とそこまで変わった生活はしていませんでしたが鎖骨をしっかりくっつけるための矯正器具をずっとつけていました。

形はリュックサックの背負う部分みたいな形のやつです。

後は左の鎖骨なので首を右に降ると電気が走ったような痛みがあるので、なるべく首は動かさないようにしていました。

寝るときはそこまで気を配った事はしませんでしたが、特には大丈夫でした。

スポンサードリンク

治療と治療期間ですが治療というのは特になく基本的にはなくリハビリもないので、基本安静にしている事でした。
期間的には完全に完治するには約3ヶ月くらいかかったと思います。

鎖骨を骨折して着替えで工夫したこと

鎖骨を骨折して一番困るのは着替えです。

いつも鎖骨ベルトをしていないとずれてしまうのですが、着替えのときは鎖骨ベルトを外さないといけません。

それが不安でした。

いつもはかぶりもののセーターやトレーナーなどを着ていましたが、鎖骨を骨折したときは前あきのものにしました。

前あきのシャツはボタンがうまくはめれないのでファスナー式のものにしました。

その時に鎖骨骨折していない方の腕をまず通して反対側の(鎖骨骨折をしている方の)肩にかけて前あきのところをひっぱると鎖骨骨折している方の腕もなんとか袖を通すことができます。

下着もキャミにすると少し楽に着替えることができました。

最初はどうしてもできないと思うので家族の人にやってもらうといいでしょう。

1人で着替えをしようと思うとかなり時間がかかるので用意するときはそのことを見越して時間配分をする必要があります。

まとめ

鎖骨骨折はほぼ固定するしかないので、複雑骨折以外は病院も軽く見ているケースがあるようですが、浮腫などが出たり腕が上がらなくなったりとなかなか完治しないこともあるので最初の処置をしっかりとしたほうがいいですね。

あとは満員電車などに乗るときは気をつけてください。

服を着てしまうと鎖骨ベルトをしていることが周りにわからないので無理やり押されたりして大変な思いをしないといけません。

スポンサードリンク

 - 怪我

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

くるぶしを骨折した時の症状と入院の様子と治療期間【体験談】

くるぶしを骨折してしまった時の体験談をお伝えします。 入院になってしまったときの …

松葉杖のコツで疲れない歩き方や階段の上り下りをまとめました!

足を骨折したり打撲したりすると、病院で松葉杖を貸してくれます。 スポンサードリン …

足を骨折した時の症状と階段や風呂の対処の仕方【体験談】

体験談を元に足を骨折した時に入院はしないで自宅で過ごした場合の階段の上り方や風呂 …

足がつる原因でスポーツの時は何?対処はどうすればいい?病気かもしれない?

スポンサードリンク 足がつるという症状は、スポーツをしている人なら何度かは経験し …

まぶたの痙攣が止まらない、原因は?治療はどうすればいい?

まぶたが勝手にピクピクしたことはありませんか? 誰もが一度は経験したことがあるの …

入院生活のトレスを解消するための暇つぶしの仕方は?

スポンサードリンク 旦那さんが踵を骨折して入院中です。 入院生活中はなにかとスト …

肘を骨折した生活の様子と入浴方法は?【体験談】

スポンサードリンク 骨折すると本当に大変ですよね。 子供が骨折すると親は学校への …

KTテープの貼り方でふくらはぎはどうする?効果はどれぐらい?

スポンサードリンク 「KTテープ」は、世界70か国以上のアスリートに愛用されてい …

骨折で足の場合、靴や靴下はどうすればいい?カバーとかもあるの?

スポンサードリンク 足を骨折したらほとんどの方がギプス生活を余儀なくされます。病 …

疲労骨折かも。腰を子供が痛がりサッカーなどをしている場合は気をつけて!

疲労骨折は継続して同じ動きをし続ける運動から起きることが多い為、スポーツ障害の中 …