健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

シェーグレン症候群の症状と原因やドライアイとの違いは?

   

syuguren
皆さんはシェーグレン症候群という病気をご存知でしょうか?

私自身は初耳だったのですが、女性の40代以降の患者さんが多いようなのです。

簡単に説明すると、自己免疫疾患のひとつであり、その症状は全身にわたり様々です。

症状については後ほど詳しくまとめていきますが、代表的な症状のひとつにドライアイがあり、ドライアイかと思って受診したら、実はシェーグレン症候群だったということが稀にあります。

命の危険があるような病気ではありませんが、根治する病気でもなく発症すると一生の付き合いになってしまう病気なのです。

残念ながら、症状のひとつひとつに対処していくしかないのが現状です。

さて、今回はこの病気の症状や原因、ドライアイの関係などについて詳しく調べてみましたので参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェーグレン症候群の病状と原因は?

先ほどドライアイの症状を挙げましたが、他にも様々な症状があります。

鼻腔内や口腔内の乾燥、関節痛などです。

お気づきかと思いますが、乾燥というワードが共通していることが多いですよね。

これは、身体の免疫システムが何らかの原因によって機能せず、菌やバクテリアなどが全身の分泌腺に攻撃をするからなのです。

分泌腺が本来の機能を果たさなくなると、涙腺や唾液腺から分泌されにくくなり、結果的に乾燥という症状が出るということなのです。

関節痛についてはリウマチの症状と同じなのですが、関節リウマチとシェーグレン症候群が併発することもある為、どちらの病気なのか、また、合併症なのかの判別が非常に難しいそうです。

その他、臓器系にも症状が出ることがあります。自己免疫機能が働かなくなる原因は複雑に絡み合っており、単純にひとつに絞ることはできないようです。

シェーグレン症候群とドライアイの違いは?

シェーグレン症候群はドライアイ症状が出ることはわかりましたが、他にも症状が出ていることが多いようです。

スポンサードリンク

ですから、ドライアイだけではシェーグレン症候群だとは言えませんし、違う事がわかります。

ドライアイ治療をしてもなかなか改善されない、他にも思い当たる症状があるという時には、シェーグレン症候群の可能性は高くなるでしょう。

この病気に診断が下りるまでには、もしかするといくつもの病院をまわることになるかもしれません。

病気の特徴が全身にわたって症状が出るからです。単純に目に支障が出れば眼科へ行くでしょうし、口腔内であれば歯科や口腔外科へ行きますよね。

病名が判明するまでに長く遠回りになってしまうことも、この病気の厄介なところです。

シェーグレン症候群の治療方法は?

冒頭でもお話しましたが、残念ながら完治することはできません。

症状が出るたびに対症療法をしていくということになります。

ドライアイであれば、涙の量を調節できるような点眼治療やプラグ挿入手術を視野に入れて治療をしていくでしょう。

口腔内に症状が出たときには、唾液が分泌しやすくなるような食事や食べ方を考えていかなければなりません。

いずれにしても日常生活で気をつけていれば、症状が悪化するのを防ぐことができます。

規則正しい生活、食生活、質のいい睡眠は予防に繋がるのです。

そして何より、一度発症して診断されたら症状が何も出ていない時でも、定期的に主治医に診察してもらうことが大切です。

まとめ

症状などをまとめてみると、更年期障害の症状にも似ていると感じました。

また、シェーグレン症候群の患者の年齢や性別から見ても共通していることが多いですよね。

女性はホルモンに振り回される生き物だと常々思っていましたが、可能性のある病気を考えると本当にキリがありませんね。

それに耐えられる身体がある女性は、男性よりも強い生き物なのだとも言えるのかもしれません。

どんな病気を調べていても思うのですが、まずは自分の出来る事から始めてほしいです。

あの時こうすればよかった、こんな生活しなければよかったと後悔するのは本当に意味のない事です。

あまりに敏感になるとそれは別のストレスなってしまいますが、ある程度の規則正しい生活は自分でコントロール出来ますよね。

もちろん病気にならない確約なんて誰にもあるわけではありません。だからこそ、出来ることはやっておくという事を強くお勧めしたいです。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

逆流性食道炎に食事のおすすめや回数は?食べた後に気持ち悪くならないためには?

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、食道へ逆流してしまう病気で、 スポンサード …

白内障の原因と症状や治療の方法は?生まれつきの場合は?

白内障は、高齢の方がなる目の病気というイメージがありますよね。 そもそも、白内障 …

湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

スポンサードリンク 肩こりや筋肉痛、打撲や捻挫の痛みを素早く緩和する湿布薬。 気 …

胸の脇が痛い!生理前のときなどつっぱる原因は?

スポンサードリンク 女性は胸の辺りが痛むと、一番不安になるのが乳がんかもしれませ …

口唇ヘルペスの原因と症状で腫れてしまったら薬は市販のものでもいい?

口唇ヘルペスという病名を聞いたことがあるでしょうか? 口唇ヘルペスは急性の皮膚炎 …

主婦湿疹の治し方で潰すのはいいの?薬は何を使えばいい?

手にできる湿疹、水泡でよくみられるのが、 スポンサードリンク 家事や水仕事を多く …

更年期障害の症状はいつからいつまで?治療は何科?家族への対応は?

更年期障害とは主に40代に入って閉経を迎える前後位になると起こる、自律神経失調症 …

外痔核に出産後になった。痛みはいつまで続く?治療はどうする?

外痔核と聞いてもピンとはこないと思うのですが、簡単に言うとイボ痔のことです。 肛 …

夏バテで吐き気がする時の解消の仕方は?食べ物は何を食べてもいいのかな?

これでもか、というような猛暑で、毎年夏バテが当たり前になっている人も多いと思いま …

麻疹に大人がかかった時の症状は?予防接種の見直しを

麻疹と聞くとわからないかもしれませんが、はしかと聞くとピンとくる人は多いのではな …