健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

もし子供が中耳炎になってしまったら!?親が知っておくべきお風呂の入らせ方

   

中耳炎のほとんどは風邪がきっかけで発症します。
耳の中から菌が入り込んだためって思いがちですがそうではないんです。
喉や鼻から侵入した菌が原因です。

耳の中の中耳という場所は鼓膜よりも奥にあります。
なので、プールやお風呂の水が入り込めない場所でもあります。

このことは中耳炎にかかった時にお風呂に入れてもいいのかという判断のポイントになります。

スポンサードリンク

実はお風呂はダメ!?子供が中耳炎になった時のお風呂はこうしておくべき!

中耳炎にかかったときにお風呂に入れるか、入れないかは中耳炎の原因や状態によって異なります。

中耳炎の原因について少し見てみましょう。
「急性中耳炎」は鼻やのどが炎症を起こした時に細菌やウイルスが耳に侵入してきて起こります。
耳掃除で鼓膜を傷つけた時にその穴から感染することもあります。

「滲出性中耳炎」耳の中の水分や老廃物をうまく排出できなくなって内耳の圧が低くなり、鼓膜から液体が染み出してくる状態です。

「慢性中耳炎」は急性中耳炎が長引いたり、体の抵抗力が弱まったりして炎症がなかなか治らない状態です。

では、中耳炎の時のお風呂はどうすればいいのでしょう。

炎症がひどい時には体が温まると浸出液が多くなることがあるのでお風呂は控えるようにしましょう。

鼓膜に穴があいているときには耳に水が入らないように注意が必要です。
耳の穴を綿やガーゼで塞いでからお風呂に入るといいですね。

熱がある時はお風呂はやめておきましょう。

スポンサードリンク

子供の中耳炎がよくなってからどうすればいい?医師が勧めるお風呂の入らせ方

中耳炎だと診断されても中耳は鼓膜で塞がれているので、基本的には
お風呂に入れます。
でも、鼓膜に穴があいている場合は水が鼓膜の穴から入ってしまう可能性があったり、体が温まることで炎症がひどくなって中耳炎が悪化する場合があるので、十分注意が必要です。

風邪が原因の中耳炎なら鼻やのどの炎症を治すことが大切です。

中耳炎は治療に時間がかかります。
熱がなかったり、風邪の症状がおさまったり、炎症がひどくなくなったら
安心してお風呂に入れます。

子供の耳の様子をしっかりと見て医者の指示もしっかりと聞いて
お風呂に入れるかどうかは判断することが大切です。

まとめ

子供が中耳炎になったら、無理をさせないでゆっくり休ませることが大事です。
熱が引いたり、耳ダレが無くなっても完治するまでには時間がかかります。

熱がなく、炎症も引いてきていればお風呂に入れて清潔にしてあげることが一番です。
お風呂に潜ったり、耳の横からシャワーを当てたりしない限り問題はありません。

耳の中の状態はお家では見ることができないので心配ですが、しっかりと先生の指示を仰いで対応していきましょう。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

逆流性食道炎の睡眠のときの姿勢や夜中に吐き気がするときの応急処置は?

スポンサードリンク 逆流性食道炎では、夜中に吐き気や胸やけなどの症状が強く出やす …

目が赤いけど痛くないし痒くない時の対処の仕方で目薬は大丈夫?

スポンサードリンク ふと鏡を見たら、「目が赤い」「目が充血している」という経験は …

湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

スポンサードリンク 肩こりや筋肉痛、打撲や捻挫の痛みを素早く緩和する湿布薬。 気 …

緑内障は手術で治る?治療の期間は?進行は止められる?

緑内障は目の慢性疾患のひとつであり、何らかの原因で視神経に異常が出て視野が狭くな …

認知症の原因と症状は?初期に検査でわかるものなのか?

スポンサードリンク 私達の行動の全ては、脳が信号を送ってなされているというのは、 …

耳の裏が痛くてズキズキする原因は?どんな病気なの?

耳の裏の辺りがズキズキと痛むというのは、よくあることではないので、 スポンサード …

まぶたのたるみで疲れて見える顔に効果のある筋トレやクリームは?

まぶたのたるみは女性ならば気になる所ですよね。 主に加齢が原因ではありますが、肥 …

ドライアイの治療は目薬や食べ物で治る?手術は最終手段?

現代病とも言えるドライアイ、この目の病気に悩まされている方は決して少なくないと思 …

舌が白い原因は何?除去する方法は?何か病気なの?

通常、舌の色は全体的に白みがかった淡いピンク色ですが、舌の色が真っ白になったり、 …

鼻の奥が痛くて乾燥している感じがするのは何か病気なの?

スポンサードリンク 毎年、乾燥し始める秋口から、花粉症の流行る春までは、鼻の不快 …