健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

外痔核に出産後になった。痛みはいつまで続く?治療はどうする?

      2016/01/30

ibojisyussanngo
外痔核と聞いてもピンとはこないと思うのですが、簡単に言うとイボ痔のことです。

肛門の周りに出来るイボなのですが、肛門のひだひだの一部分が内出血によって腫れて膨れ上がっている状態です。

見た目にも真っ赤に腫れますし、触ると激痛が走ります。

実は私自身もイボ痔持ちなのですが、1人目出産後、半年を過ぎたあたりに初めて発症してから現在に至るまで度々このイボ痔になっています。

さて、私と同じように産後にイボ痔やキレ痔などのお尻のトラブルを抱えるお母さんは、決して少なくないと思います。

ですが、単純に恥ずかしいということもありますし、産後は赤ちゃんのお世話にかかりきりになりますから、自分自身の身体のケアは疎かになりがちになります。

同じ悩みを持つお母さん、特に産後の痔はよくあることですから恥ずかしがらなくて大丈夫です。

今回は私も長年付き合っているこの外痔核について詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

外痔核に出産後になってしまった。

産後、なぜ痔になりやすいのでしょうか。

いくつかの原因があるのですが、大きな要因は便秘です。

妊娠中も産後もホルモンバランスが乱れている状態ですので、便秘になりやすい身体になっています。

授乳をしている方は水分不足になりがちなので、これも便秘になりやすい原因と言えます。

また、出産する時にかなりの強さでいきみますので、そのタイミングで肛門に負荷がかかって痔になることもあります。

私が産後半年で初めてイボ痔が出来たときも、完全母乳で授乳中であり妊娠中と同様に便秘が続いていました。

現在も便秘が続いている時や酷く冷えた時には気づいたらイボ痔があるというような感じです。

もちろん出産をしていなくても、日常的に便秘の方や下半身に負担がかかるようなスポーツをしている方は痔になりやすい体質だと言うことになります。

外痔核も痛みはいつまで続く?

私の経験では、まず、何かお尻に挟まっているような違和感から始まり、トイレットペーパーで拭いた時に初めてイボ痔を確認します。

気づいた時のイボのサイズは大きめのえんどう豆くらいになっています。

スポンサードリンク

その時にはすでに痛みが始まっていますので、便が出る時は出すのも拭くのも本当に痛くて辛いです。

ウォシュレットを使うと痛みが和らぐようなのですが、私は衛生面から使いたくないので使用したことがありません。

個人差があると思いますが、私の場合は毎回発症後2.3日が痛みのピークで、1週間以内には腫れも痛みも治まっている状態です。

治療をせずに放置してしまうと、痛みはもう少し長く続くでしょうし治るにも時間がかかってしまいますから、見た目にも触ってみても明らかにイボが出来ているのであれば、すぐに病院へ行ってください。

男性の医者に診てもらうのに抵抗があるようであれば、女医さんのいる肛門科を探してみましょう。

産後の外痔核の治療はどうすればいい?

治療方法は塗り薬を1日何度か塗るというものです。

症状によっては、炎症止めや痛み止めなどの飲み薬を処方されることもあります。

私が初めて発症した時はさすがにビックリしましたので、すぐに肛門科へ受診しました。

その時に外にできるタイプのイボ痔ですし、薬を塗ればすぐに治りますから大丈夫ですと診断してもらいました。

処方された薬は痔の薬で有名なボラギノールと同じ成分でしたので、その後同じものが出来る時には市販のもので対処しています。

私的な意見にはなってしまいますが、私の場合は市販のもので十分に効果が得られています。

ただ、毎回同じ場所に出来て同じ大きさのものが出来ますので根本的な治療が必要ではないかと手術をすることも視野に入れています。

手術自体もそこまで大がかりなものではなく、局所麻酔をして患部を切開して血の塊を取り除くような手術のようです。

まとめ

少し余談になりますが、私が初めて薬局でボラギノールを買いに行った時のこと。

薬剤師さんの方から『ご主人大変ですね。男性は痔になりやすいから気をつけてあげてください。』と言われ、『いやいや、実は私なのです。』と赤の他人に自らの痔を告白したことがあります。

その場で薬剤師さんと二人で笑ったことが今でも忘れられません。

今でも思うのですが、別に事実を言わなくても、『そうですね。ありがとうございます。』と話を流せば良かったのにと、自分の馬鹿正直にまた笑えます。

私の場合は今でも笑いのネタにするくらいなのですが、人によっては誰にも相談できないくらい悩むことだと思います。

ですが、悩むくらいならまず肛門科を探して病院にいってきちんと診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

 - 病気 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

認知症の予防のグッズの効果は?アロマがいいのは本当?

認知症の人口は高齢者の人口と共に急増していて、今や社会問題になっています。 スポ …

デートで手をつなぐと手汗が気になる!原因や止める方法は?

デートと言う響きが、もはや懐かしく甘酸っぱい言葉に感じる私です。 デートはお付き …

歯周病の臭いの対策は?予防の仕方で歯磨きや食べ物についてご紹介します。

誰かと話している時に感じる臭いの元、わかってはいても「くさい」と指摘することはと …

背中がかゆい時が突然ある!チクチクしたりするときの対処法は?

一言に背中が痒いと言ってもその原因は様々です。 ムズムズして痒いのか、チクチク痛 …

口唇ヘルペスの原因と症状で腫れてしまったら薬は市販のものでもいい?

口唇ヘルペスという病名を聞いたことがあるでしょうか? 口唇ヘルペスは急性の皮膚炎 …

顎が痛い!顎関節症は口が開かないの?その時の応急処置は?

突然顎が痛くなって開けられなくなった経験はありませんか?この症状が出たときは顎関 …

水疱瘡でお風呂に入っていい?感染する期間は?兄弟は登園してもいい?

水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスが引き起こす感染症のひとつです。 子供に多く見られ、 …

左腰が痛い時の寝方はどちらが上のほうが負担をかけない?治し方は?

スポンサードリンク 今や国民病と呼ばれ、日本人の自覚症状の第一位と呼ばれる腰痛で …

逆流性食道炎の睡眠のときの姿勢や夜中に吐き気がするときの応急処置は?

スポンサードリンク 逆流性食道炎では、夜中に吐き気や胸やけなどの症状が強く出やす …

風邪のひきはじめに効果があることや食べ物は?風呂は入ってもいいの?

スポンサードリンク 昨日までは元気いっぱいだったのに、今朝起きた時から「何となく …