健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

膝に違和感があって痛みもあるのは病気なのか?

   

hizaniiwakan

膝の違和感、耐えられないほどの痛みでもないけれど何か膝が変と思ったことはないでしょうか。

病院で検査をしても何も異常がない場合でも膝に違和感があることがあります。

私はお酒を飲むと必ず違和感が出て、痛くはないけれど怠いような感じになります。

お酒を飲むときだけなので、特には気にはしていないのですがこれにはきちんとした理由があるようなのです。

しかし、普段何もしていない時でも違和感があるようであれば何かしらの原因があると考えていいでしょう。

特定した病気ではなくても、普段の生活習慣から違和感を引き起こしている場合もあります。

放置していると悪化してしまうことがあるので早めの対処が大切です。

では、考えられる原因とその対処法を詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

膝に違和感がある

痛みではなく違和感がある程度の場合は、生活習慣に原因があることが多いようです。

まず、スポーツ選手や毎日ジョギングなどの運動を日常的にしている方は筋肉疲労が原因で違和感が起きることがあります。

また、毎日でなくても、膝の負担がかかるような運動を急に始めたり、疲労回復が出来ていない状態で運動を続けると違和感が起きやすくなります。

その他、自分の足のサイズに合っていない靴を履いていたり、肥満によるものから膝に負担がかかることが原因にもなっています。

今一度、心当たりがないか見直す必要がありますね。靴はサイズを見直せばすぐに改善できますし、肥満は食生活を工夫して適度な運動をすればダイエット出来ますから個人の努力次第で膝の違和感はなくなるでしょう。

違和感の症状がある時は、湯船にゆっくり浸かって膝を温めたり、軽くストレッチをして血行をよくして下さい。

膝に違和感があって痛みもある

違和感とともに痛みがあるようであれば、変形性膝関節症になっているのかもしれません。

原因は上記に書いた疲労や肥満から、膝関節部分のクッション材がすり減ることで衝撃が吸収されにくくなり、症状が出るというものです。

スポンサードリンク

加齢によって膝が痛むこともこの疾患によるものが多いのですが、先ほど説明したように膝を酷使した生活をしている方も多く見られますので、年齢性別問わず発症します。

早期治療が重要と言われており、酷くなると歩くたびに痛くなったり、O脚やX脚などの変形が進んでしまいます。

年齢に関係なく発症する病気ですが、特に高齢者の場合は、痛みの他に腫れがある時は関節リウマチの疑いが出てきます。

いずれにしても、違和感や痛みが続くようであれば受診しましょう。

膝に違和感があるのは病気なのか?

違和感があるだけでは、必ずしも病気だとは言えないようです。

ですが、病気の兆候の表れということも考えられますので、絶対に病気ではないと断言は出来ません。

まずは心当たりがないか、思い当たることがあれば自分で出来る対処をしてみましょう。

それでも症状が強くなったり、なかなか治らない時は病気の可能性は高くなります。変形性膝関節症もその一つですし、大きな病気の可能性も否定はできません。

冒頭にお話ししたように、私は飲酒時に膝の違和感が起きるのですが、原因はビタミン不足と水分不足によるものだと言われています。

解毒作用があるビタミンB1が不足すると、アルコールによって膝が痛むのです。

お酒を飲むときにはこのビタミンを積極的に摂るようにすることが良いとのことなので、貝類や豚肉料理を一緒に食べることが症状を抑える方法になります。同じ経験のある方は是非実践してほしいと思います。

まとめ

私自身はまだ30代なのですが、それでも若い頃より膝の違和感がある回数は格段に増えているような気がします。

子供のころの成長痛とはまた違ったもので、我慢できないほどではないけれど、違和感がある時は膝を擦っている自分がいます。

飲酒時に起きる違和感もここ数年の出来事で、それ以外は全く症状がないので今のところ受診するほどではないと考えていますが、普段の生活でも違和感や痛みが出てくるようであれば病院へ行こうと思っています。

また、食生活に関してはバランスよく食事をしているつもりだったので、わりと自信があったのですが、まだ不足していると自覚するとともに、食事に加えてサプリメントを摂ることも良さそうですね。

身体が健康でいることが何より一番です。食生活や生活習慣が身体に及ぼす影響を考えさせられるきっかけにもなりますから、膝に違和感が出たら自分の健康を今一度見つめなおしてみて下さいね。

スポンサードリンク

 - 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

外痔核に出産後になった。痛みはいつまで続く?治療はどうする?

外痔核と聞いてもピンとはこないと思うのですが、簡単に言うとイボ痔のことです。 肛 …

肋間神経痛の原因や症状と妊婦の場合の治療の方法は?

肋間神経痛は、肋骨と肋骨の間の神経に起こる痛みです。 スポンサードリンク その痛 …

子供の喘息の見分け方で胸の音はどういうふう?受診の目安は?

スポンサードリンク 痰が絡んだような咳が続いているし薬を飲んでも症状があまり変わ …

右腰が痛い!治し方は?なにか病気かもしれないの?

腰痛というと昔は中年の病気という印象が強かったですが、 スポンサードリンク 最近 …

クループ症候群の症状によって入院になることも!保育園はいつから?

「クループ症候群」って知っていますか? 細菌やウイルス感染で、喉が腫れることで起 …

白内障の原因と症状や治療の方法は?生まれつきの場合は?

白内障は、高齢の方がなる目の病気というイメージがありますよね。 そもそも、白内障 …

目が赤いけど痛くないし痒くない時の対処の仕方で目薬は大丈夫?

スポンサードリンク ふと鏡を見たら、「目が赤い」「目が充血している」という経験は …

喉がすぐに乾くけど原因は?何か病気かもしれない?

スポンサードリンク 喉の渇きは一種の脱水症状であり、血液中の水分量が減少すること …

湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

スポンサードリンク 肩こりや筋肉痛、打撲や捻挫の痛みを素早く緩和する湿布薬。 気 …

子供の喘息の応急処置は?入院するのはどんなとき?予防するには?

小児喘息は乳幼児に発症することが多く、大人の喘息に移行してしまわないように子供の …