健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

アイラインを粘膜に入れるのは危険で痛いことがあるの?安全な書き方はないの?

   

目のメイクをすると、顔立ちがハッキリして印象が変わりますよね。

ここ10年ぐらいでアイメイクはどんどん進化して、デカ目メイクのアイテムもどんどん増えました。

毎日毎日、しっかりアイメイクで出社する女性も少なくないはず。

ところでアイメイクには危険な塗り方があるのを知っていますか?

今回は、国民生活センターが警鐘を鳴らしている危険なアイメイク方法とその影響、

目を傷めないメイクの仕方について調べました。

スポンサードリンク

アイラインを粘膜に入れるのは危険?

まつげの生え際より内側を「インサイドライン」と呼び、

「インサイドラインに引く」というのはアイラインをまつ毛の内側の粘膜に入れる塗り方です。

モデルが紹介したことで一気に広まり、現在もプロやメイク上級者のメイク技としてよく紹介されています。

しかし国民健康センターでは、この、アイラインを粘膜に入れるメイク方法に対し危険性を訴えています。

その内容は、「日本コンタクトレンズ学会」で発表されたもので、

まぶたのふちには目を保護する油を出す分泌腺「マイボーム腺」があり、この分泌腺がメイクで塞がれることにより、

涙の層がはげたり厚さが不均一になり目のかすみや痛み、ドライアイになりやすくなるというものです。

他にも多くの眼科医がそれぞれのホームページで、過剰なアイメイクによる目の異常に警鐘を鳴らしており、

マイボーム腺を塞ぐことが原因で、ものもらいや結膜炎、まぶたの皮膚炎、まつ毛の脱毛症、

化粧品が角膜を傷つけるなど、たくさんの症例を紹介しています。

スポンサードリンク

アイラインを粘膜にいれると痛い?

インサイドライン(粘膜)に引くアイラインは、目の際を強調するメイクとして、

メイクテクニックに当たり前のように紹介されていますが、

粘膜というのは体の弱い部分なので、人によっては痛みを感じます。

ただ、コンタクトレンズを使っている人が痛みを訴えないように、

線を引く瞬間だけ感覚があって、塗ってしまえば気にならないという人も多くいるようです。

インサイドラインを落す時にはアイメイクリムーバーやクレンジングで目の辺りをよく洗わなければいけないので、

その時に痛みを感じる人は多いようです。

アイラインを粘膜に入れるときの安全な書き方は?

今まで書いたように、アイラインを粘膜に入れると危険というのは国民生活センターで言われている事なので、

私には、粘膜に入れる書き方を紹介することはできませんが、

インサイドラインのアイラインが危険!とわかっている人達が紹介するアイラインの書き方を調べてみました。

参考にしてみて下さいね。

まず、インサイドラインにはラインを入れず、まつ毛の生え際にかからないよう丁寧に、

まつ毛の間を埋めるような感じで点々にペンシルライナーを入れていきます。

点々に入れていくのでギザギザになってしまっても大丈夫です。

その上の「アウトサイドライン」に、目尻より少し長めにアイライナーを引くと、目のフレームがはっきりします。

あとはアイシャドーをうまくぼかしていくことで立体感を出すのもポイント。

アウトサイドラインが浮いてしまう、と悩んでいる人はアイシャドウを活用しましょう。

トレンドの囲みアイメイクも、アイシャドウのみで仕上げると程よい抜け感を出すことが出来ます。

アイメイクによる目の刺激を感じている人は多く、そんな人が注目しているのがオーガニックコスメ。

過剰なクレンジングの使用も抑えることが出来ることから、目に対する刺激だけでなく素肌全体の刺激を防ぎます。

人気のオーガニックアイライナーはこちら。

・ナチュラグラッセ(naturaglace)アイライナー

・エムアイエムシー(MiMC)ミネラルアイライナー

・ロゴナ(LOGONA)アイライナー

オーガニックコスメだからと言って粘膜に塗って安全というわけではないので、

目に優しいメイク方法は守って使いましょう。

まとめ

アイメイクが原因とは限りませんが、

身近で目の病気になって眼帯をしている女性に出会ったことが何度かあります

メイクが刺激になるようで、ほとんどスッピンに近い状態だったのが印象的でした。

危険なメイクをして病気になりスッピンで出掛けなければいけなくなるよりは、

安全なメイクを続けたいですよね。

スポンサードリンク

 - 美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

まつ毛エクステをしながらアイラインやメイク落としってどうやるの?長持ちする手入れ方法は?

まつ毛に人工毛を付けてボリュームを出すまつ毛エクステは、 毎日のアイメイクが楽に …

産後ダイエットの体験談!エクササイズをしたけど失敗した話

スポンサードリンク 産後は体重がなかなか戻らなくてすぐにでももとに戻りたいという …

ダイエットで食事制限をするとだるい、疲れやすいなどになるのは栄養が足りないから?

ダイエットには色々な方法がありますが、 スポンサードリンク 常に注目され、賛否両 …

産後の抜け毛はいつまで続く?頭皮もかゆみがある場合の髪型は?

産後の抜け毛、ほとんどの方が出産後に経験することのように思います。 私自身はもと …

ピアスを開けるのは病院がいいの?何科でいくらぐらいかかるの?

スポンサードリンク ピアスの穴を初めて開ける時「市販のピアッサーは安く済みそうだ …

腸内環境を改善すると花粉症にも効く?その方法や他の効果もある?

腸内環境を整えると、身体の調子が全て順調になるといってもいいくらいに健康的になる …

超悩みの種!顎ニキビを繰り返す原因と治す効果的方法とは?

毎日鏡を見るのが嫌になる顎ニキビ。 ニキビの原因はホルモンバランスの乱れと言われ …

体臭が生臭い女性の改善方法と予防は食べ物から見直すことのオススメ!

スポンサードリンク 暑くなる時期、体のニオイに悩む女性は多いと思いますが、 中で …

異所性蒙古斑の赤ちゃんの治療はいつからできるの?経過は?【写真付】

蒙古斑は皆さんご存知の通り、赤ちゃんの頃にお尻にある青い痣のことです。大きさや色 …

ピアスが痛いのはいつまで?膿がある場合の処置はどうしたらいい?

スポンサードリンク 高校を卒業した頃から、ピアスに興味を持つ女子は多くなりますよ …