健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

足の小指の骨折を放置していたらどうなる?治る期間や後遺症は?

   

ashiyubikossetuhouti

家の中を裸足で歩いていて、タンスで足の小指をぶつけて痛いッ!っということ、よくありますよね。

実は、この時に足の小指を骨折してしまうことは、少なくないのです。

足の小指をぶつけて、痛みが引かない、腫れあがる、紫色のあざになっているなどの症状があったら、

打撲だけではなく、骨折も考えられます。

でも小指ぐらいで病院にいかなくてもすぐ直るだろうと思う人も多いはず。

もし足の小指の骨折が骨折していた場合、放っておいたらどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

足の小指の骨折を放置していたらどうなる?

人間の骨は折れても自然と形成されるので、そのまま放置しても治るといえば治るのですが、

医者に行ってずれた角度を治してもらわないと、ずれたまま、曲がったままで形成されてしまう恐れがあります。

曲がったままで骨がつながってしまうと、その後、足の指がうまく動かなくなってしまったり、神経痛に悩まされることも。

もし足の指の骨にヒビが入ってる状態で固定せずに歩行を続け、負荷をかけ続けると、ヒビがさらに広がることも考えられます。

スポンサードリンク

これは骨の歪みを促すことにもなり、曲がったまま骨が形成されることを助長してしまいます。

足の小指の骨折で治る期間は?

一般的に言われる目安は1ヵ月半前後ですが、骨の折れ方によって治療の期間がかわります。

また、子供の場合は新陳代謝が活発なので骨がくっつくのも早いです。

医師によっては、完治していなくても「ここまで治れば自然治癒で大丈夫。」というところで診察を終了することもあります。

足の小指をぶつけてしまった時に一番必要なことは、たいしたことないと思わずに、早めに受診をすることです。

何週間も経って、痛みが長引くからと病院に行っても、

骨はもう変形したままくっつき始めてしまい、入院、手術が必要な状況になってしまうこともあります。

骨折を放置したら後遺症は残る?

骨が自然にくっつくからと思って固定せずに放っておいた場合、変な繋がり方をしてしまいます。

成長期の子供だったら、変な形のまま成長してしまいます。

骨というのは繋がっていればいいわけではなく、その間に神経も通っているので、

曲がった骨は神経にも影響を及ぼし、神経痛などに悩まされることになります。

その時は治ったつもりでも、足の裏というのは毎日負担がかかる場所なので、

数年経ってから痛みがくることも考えられます。

まとめ

いかがでしたか?

足の小指が骨折していた場合、放っておくと、あとになって随分大変になってしまうようですね。

たかが小指と思わずに、しっかり整形外科で診察を受け、

辛い後遺症に悩まされないようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 怪我 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

捻挫が癖になる症状と治し方と予防の仕方を知ろう!

スポンサードリンク 同じところを何度も繰り返し捻挫することを「捻挫癖」という人い …

肘を骨折した生活の様子と入浴方法は?【体験談】

スポンサードリンク 骨折すると本当に大変ですよね。 子供が骨折すると親は学校への …

踵(かかと)を 骨折して手術になるまでの 症状とリハビリはどういう流れ?【画像あり】

踵(かかと)は歩くときに体重がかかるところですよね。 もし踵(かかと)を骨折した …

鎖骨の骨折の症状と着替えで工夫したこと!

スポンサードリンク 鎖骨骨折は身近に起こりやすい骨折です。 そしてくっつきにくい …

腱鞘炎を起こした時に知っておきたい湿布の貼り方と処置方法

スポンサードリンク 腱鞘炎になったとき、単に湿布を貼りテーピングをしておけば大丈 …

足首を捻挫したらサポーターの巻き方やいつまでつけるものなの?

スポンサードリンク 足をくじいて足首を捻挫するのは、スポーツの時だけでなく日常で …

くるぶしを骨折した時の症状と入院の様子と治療期間【体験談】

くるぶしを骨折してしまった時の体験談をお伝えします。 入院になってしまったときの …

足のふくらはぎが痛い場合は肉離れかも!テーピングの巻き方は?

スポンサードリンク 暖かくなって、冬に固まった体をほぐそうと久しぶりにスポーツを …

足がつる原因でスポーツの時は何?対処はどうすればいい?病気かもしれない?

スポンサードリンク 足がつるという症状は、スポーツをしている人なら何度かは経験し …

骨折で鎖骨の場合は手術が必要?入院期間は?リハビリは?

まず、鎖骨の骨折は外部からの衝撃で起こることが多く、ラグビーなどのコンタクトスポ …