健康って大事!

健康が第一!お役にたちますように・・・

赤ちゃんが鼻水で寝苦しく夜泣きがひどい時に楽にする方法は?

   

赤ちゃんは自分で鼻をかむということが出来ないので、

鼻水や鼻詰まりの時にはグズグズ言ってなかなか寝てくれませんよね。

おばあちゃん世代からは、鼻水はお母さんが吸い取ってあげるもの、と聞くかもしれません。

この方法は今も実践している人がいますが、

親子間の感染の心配を考えると、あまりお勧めできるものではないのだそう。

今回は、赤ちゃんの鼻水の解消法や取り方、

鼻水が苦しくて夜泣きがひどい時の対策などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんが鼻水が原因で寝苦しいときはどうすればいい?

まず、赤ちゃんの鼻水対策で手軽にできるのが「加湿」です。

部屋に加湿器を置いたり、人肌程度に温めた蒸しタオルで鼻の頭を温めてあげましょう。

蒸しタオルはヤケドしないよう熱さに気を付けて下さいね。

風邪の時はお風呂をやめる人も多いですが、発熱がなく、鼻水だけ残っているような状態なら、

お風呂に入ると鼻の通りがよくなり、適度に疲れて寝付けることもあります。

入浴後は湯冷めしないよういつもより気を付けましょう。

また、搾りたての母乳をスポイトで赤ちゃんの鼻に1,2滴垂らす「母乳点鼻」も、

母乳の抗炎症作用が働き、鼻水鼻づまりを緩和すると言われています。

これは体内から出来る母乳だから有効とされている方法なので、粉ミルクではやってはいけません。

赤ちゃんが鼻水がひどくて夜泣きが続く場合はどうしたらいい?

赤ちゃんの鼻水が治まらず、夜泣きが続いているなら、小児科に行って相談した方がいいでしょう。

夜泣きが続く場合は、鼻水だけが原因でない可能性も考えられるからです。

但し、鼻水で病院に行く時は救急で駆け込まず、

朝になってからかかりつけのクリニックに行くようにしましょう。

夜中のうちに家で出来ることをいくつか紹介します。

まず、頭の位置にあたる敷布団の下にタオルを丸めて入れ、頭を少し高くしてあげます。

角度はその子によって寝やすい角度があるので調整してみて下さい。

他にも、生後6ヶ月から使用できる、塗る風邪薬「ヴィックスヴェポラップ」を胸に塗ったり、

赤ちゃんの寝ている部屋でユーカリやペパーミントなどのアロマを焚いてみるのも、鼻水の緩和に効果的です。

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻水を楽にする方法は?

鼻水を楽にするには、鼻水を取ってあげるのが一番の方法です。

取ってあげてもすぐ出てしまったりしますが、一瞬でも楽になれるので、寝付きやすくなります。

取り方にはいくつか方法があります。

お母さんが吸い出す方法は、冒頭でも書いた通り、感染等の心配もあるので控えた方が良いでしょう。

鼻水の取り方の一つが赤ちゃん用の綿棒を使って絡め取ったりくしゃみを促す方法です。

赤ちゃん用の綿棒にはスクリュータイプ(スパイラルタイプ)もあり、鼻水を絡め取るならこちらもおすすめです。

綿棒を使う場合は先端だけを入れクルクルするなど、鼻の粘膜に傷をつけないよう充分気を付けましょう。

くしゃみが出ると、その勢いで鼻の奥の塊がポンっと出てくることがありますよ。

他に、鼻水吸い取り器を使うという方法もあります。

鼻水吸い取り器には、電動タイプ、スポイトタイプ、お母さんが口で吸うタイプなどがあります。

それぞれ長所があるのですが、総合的に見て人気が高かったのはお母さんが口で吸うタイプのようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]【あす楽対応】
価格:818円(税込、送料別) (2017/8/31時点)

私もこのタイプを持っているのですが、

赤ちゃんを横向きにして膝に抱いて、左手で頭を支えながら右手でノーズピースを当てると吸いやすいです。

また、ティッシュで鼻をかむのは赤ちゃんには難しいですが、スルッと引き抜くという裏技も。

やり方は簡単です。

ティッシュを縦長の四つ折りにして、人差し指で軽くティッシュを押さえて鼻の下に当てて、

ゆっくり下に引っ張ると 鼻水がティッシュに貼り付いてきます。

コツを覚えると面白いほどスルスル取れます。

まとめ

鼻水が出ていて、泣いたりぐずったりするのがあまりにひどい時は、中耳炎の疑いがあります。

赤ちゃんは鼻水をきっかけに中耳炎になることがよくあります。

中耳炎は耳の中が腫れて強い痛みが起こるため、赤ちゃんがぐずりやすい病気です。

中耳炎にならないためには鼻水鼻づまりをほったらかしにしないこと。

そのためにも、鼻水が出ていたら、こまめに取ったり、解消できるよう対策をしましょう。

スポンサードリンク

 - 子供関係, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

胃液が逆流する原因と対策は?食事で気をつけることは?

スポンサードリンク 飲み過ぎや食べ過ぎ、脂っこいものを食べた後などに胸やけをして …

ドライアイの症状をチェック!疲れ目の違いと対策を知ろう!

仕事柄パソコン業務が多かったり、手元で細かい作業を長時間していると、目が疲れたと …

成長痛で膝に痛みはいつまで続く?原因や対処の仕方は?

成長痛は、幼い子供から思春期の子供までの歳の間に起きる、膝や足首などの痛みが出る …

クループ症候群の症状によって入院になることも!保育園はいつから?

「クループ症候群」って知っていますか? 細菌やウイルス感染で、喉が腫れることで起 …

偏頭痛と吐き気があるときの応急処置と原因。予防の仕方

偏頭痛といえば、「ズキンズキン」と激しく脈打つ痛みで、 スポンサードリンク 吐き …

歯並びの矯正を子供にするとき痛い?器具は夜だけでもいい?

歯並びは顔の印象を左右する大切な部分ですよね。 また、見た目だけではなく、歯並び …

左腰が痛い原因は?ストレッチや治し方をしって緩和させる方法は?

スポンサードリンク 腰痛にはいろいろな出方があるので、人によっては左だけ痛い、と …

風疹の妊婦の予防接種は必要?もしなったら胎児への影響は?

風疹、俗にいう3日はしかの事ですが、子どもに多く見られる感染症のひとつです。 で …

耳から汁がでてかゆい!耳垂れでベタベタするときの治し方は?

スポンサードリンク 耳垂れは、まだ耳管の短い乳幼児の耳の病気の症状としてよく知ら …

奥歯の歯茎が痛い原因は親知らずのせい?その他に理由も考えられる?

誰もが「痛いから苦手」という歯医者。 でも、歯は本当に大事です。 スポンサードリ …